サイトの基礎を構築するSEO内部施策

SEO内部対策が必要な理由SEO内部対策が必要な理由

サイトの内部要因は、上位表示を目指す上での基礎です。基礎のない家は地震などで直ぐに崩れてしまいます。SEO対策も同じです。内部の基本がなっていないサイトは、Googleアルゴリズムの変更や競合サイトの追従により、順位が不安定となります。

サイト状況を判断する検索クローラーに対して、正しくサイトの内容を伝えるためにサイト内部の基本を構築する必要があります。

SEO内部対策が必要な場合

(1) サイトを制作してからSEOの見直しを行っていない
(2) サイトを公開してから時間が経っているけど評価が上がらない
(3) 順位状況が不安定である
(4) 分析の結果、内部の改善項目が多かった

SEO内部対策で行うこと

 icon-desktop サイト設計の見直し 主要タグの最適化  icon-th-list 構造化データマークアップ
 icon-plus 情報量の最適化  icon-mobile スマホ最適化 全ページSSL化
重複コンテンツ改善 ページエラー改善 URL構成の最適化
sitemapの送信 内部リンク構造の最適化 コンテンツの最適化

サイト設計の見直しサイト設計の見直し

サイト運用を行う中でページを追加する毎に、サイト階層構造や設計が乱れてしまう場合もあります。検索エンジンクローラーがサイト内を回遊しやすくし、適切に情報を届けるためのサイト設計の見直しを行います。

 


主要タグの最適化主要タグの最適化

検索エンジンやユーザーにWebサイトの情報を適切に伝えるため、titleタグやdescriptionタグ、hタグなど主要なタグを最適化し、検索エンジンとユーザーに評価されるWebサイトに最適化します。

 


構造化データマークアップ構造化データマークアップ

検索エンジンに文字列を伝えるための構造化データマークアップを行います。構造化データマークアップを実装することにより、より検索結果での表示が最適化される可能性が期待することができます。

 


情報量の最適化情報量の最適化

検索クエリによって検索エンジンやユーザーが求める情報量は変わります。対象ページの情報量(テキスト量)が検索クエリの意図を理解し、適切な情報量で記載されているのかを確認し、最適化を行います。

 


スマホ最適化スマホ最適化

今後のSEO対策では、モバイルファーストのスマートフォンを重要視したアルゴリズムが優先されます。スマートフォンの表示に最適されたWebサイトになっているかを確認し、改善点をモバイルに最適化していきます。

 


全ページSSL化全ページSSL化

GoogleはSSL化されたセキュリティの高いサイトを評価する傾向にあります。SSL化することによりWebサイトの安全性を保ち、検索エンジンとユーザーからの信頼や評価を高めるため、全ページのSSL化を実装いたします。

 


重複コンテンツの改善重複コンテンツの改善

重複コンテンツは、Webサイトの評価を下げる原因の1つです。どれだけ気を付けていても重複コンテンツが存在してしまう場合もあります。サイト内に重複コンテンツがないかを確認し、修正・改善を行います。

 


ページエラー改善ページエラー改善

Webサイトの運用が長くなると、ページエラーやリンク切れを起こしているケースが多くなります。ページエラーやリンク切れページがないかを確認し、301リダイレクトを行うなどの改善を行います。

 


URL構成の最適化URL構成の最適化

URLのディレクトリ構造やURLの構成を最適化します。クローラビリティに大きく影響する部分ですので、検索エンジンの評価を適切に受けるためのURL構成の最適化を行います。

 


sitemapの送信sitemapの送信

クローラビリティを改善するため、sitemap.xmlを作成し、Google Search ConsoleアカウントでGoogleに対してsitemap.xmlの申請・送信を行います。

 


内部リンク構造の最適化内部リンク構造の最適化

パンくずリストの設置や過剰な内部リンクの設置、適切な内部リンクの設置がされているかを確認し、よりユーザーにサイト内の回遊を適切に行ってもらうための内部リンク構造の最適化を行います。

 


コンテンツの最適化コンテンツの最適化

検索クエリの意図を理解したコンテンツになっているか、キーワードの詰め込みや隠しテキスト・隠しリンクなどのガイドライン違反を行っていないかを確認し、改善を行います。

 


分析結果や対象のWebサイトに合わせた適切な内部対策を実施致します

▼内部指示書サンプル

内部指示書サンプル