検索エンジンの評価を高めるための外部対策

SEO外部対策SEO上位表示のアルゴリズムとして、被リンクを中心とした外部要因もその1つです。

Googleガイドラインに違反しない関連性及び質の高いサイトからのリンクを獲得することにより、検索アルゴリズムの1つである外部評価を高めることもSEO対策で必要な施策の1つです。

 

 

このような外部対策はペナルティ対象となります

(1) 関連性のないサイトからの大量のリンク
(2) 被リンクを目的とした同一IP/URLからの複数リンク
(3) 相互リンクを目的としたディレクトリ型のリンクサイトからのリンク
(4) コピーコンテンツやキーワード詰め込みなどを行う低品質なサイトからのリンク

Googleガイドラインに準拠した価値あるリンクとは

検索エンジンに評価されるリンクとは、関連性とリンク自体も価値のあるコンテンツがあるサイトから、リンクを受けることが重要です。リンク自体もオリジナルコンテンツを配信しており、SEO被リンクとしてのサイトではなく、単体で成り立つサイトからの被リンクを獲得することが大切です。

オリジナル性のあるサイトオリジナル性のあるサイト

被リンクとして効果的な要素の1つとして、オリジナル性の価値あるコンテンツを配信しているサイトからのリンクを獲得することが重要です。リンク自体が1つのサイトとして成り立っているサイトからのリンクを獲得することが重要です。

 


発リンクの数が少ないサイト発リンクの数が少ないサイト

Googleのウェブマスター向けガイドラインにも記載がありますが、発リンクの多いサイトは”質の低いサイト”として評価が下がる傾向にあります。サイトの発リンク数は明確に何本が良いとは決まってませんが、発リンク数の少ないサイトから自然とリンクを獲得することが重要です。

 


分散されたドメイン・IPアドレス分散されたドメイン・IPアドレス

同一ドメインやIPアドレスから大量のリンクを獲得している不自然なサイトは、Google評価を下げられる可能性もあります。意図していなくても不自然と判断されればペナルティ対象となる場合もありますので、分散されたドメイン・IPアドレスからのリンクを獲得するようにしましょう。